Awards

佳作賞:何歳になってもチャレンジ精神を

M・Sさん
東京エリア

Q.受賞エピソードを聞かせてください

私は今まで家業の手伝いに長年携わってきましたが、40歳がちかづくにつれて
『私の仕事人生は、一体このままで良いのか…?まだまだ諦めたくない。』
と葛藤する様になり、色々迷い考えた末、
母の影響で高校生の頃から愛用している某ラグジュアリーブランドでの勤務に憧れを持つ様になりました。

しかし、私にはラグジュアリーブランド経験も百貨店経験も無い。
その上、40代間近…。
年齢的にも経験値的にも厳しい状況下でしたが、
『どうしてもチャレンジしたい!でも不採用は怖い、嫌…。』
と思い、派遣からのチャレンジを決めました。

そして、数ある選択肢の中から直感的にリンクスタッフィングを選択し、
そこから私の仕事人生が少しずつ変わり始めました。

まず、派遣登録会のとき経験の無い私に、
憧れのブランドの販売員になれるチャンスを頂けた事。
『百貨店は難しい』という勝手な思い込みを変えて下さいました。
過去から見た自分探ししかしていない私に、これまで知る事が無かった百貨店で働く事の魅力を沢山お話して頂き、
『私でも大丈夫!』と新たな自分探しの為、自信を持つ事の大切さを教えて下さいました。
そして、リンクスタッフィングから、長期派遣として見事に採用されたのです。

しかし、お仕事当初は弱気な発言をしてしまう事も多々あり、
店長にも心配を掛けてしまう事もしばしば。その様な時でも、
営業担当の方は直ぐに電話で厳しくも期待を掛けて下さいます。
足底筋膜炎という症状が出てしまった時も、直ぐに店舗まで来て頂き、
お休みのスケジュールを本社の方とも調整してくれ、働きやすい環境を整えて下さいます。
私はこの恵まれた環境と自ら掴み取ったチャンスを逃すまいと、
ただ直向きに、日々コツコツと丁寧に業務に携わりました。
この直向きな頑張りが、共に働く社員さん達やリンクスタッフィングの営業担当の方に伝わり、
色々な場面で私を助けて下さっています。

そのお陰で、店頭に立ち始めて約1ヶ月で、200万円以上の売上計上する事が出来ました。
接客販売未経験のこの私が、です。


更に約2ヶ月で、本社のリテール担当の方からお声が掛かり、正社員雇用のお話を頂けています。
ですが、約2ヶ月での正社員雇用のお話は私にとって物凄くプレッシャーとなり、そのプレッシャーからスランプに陥ってしまいました。
接客販売のアプローチを掛けようとしても、
全身にブレーキが掛かった様に動けなくなってしまったのです。
そんな私の変化を読み取って下さった店長から、ランチに誘って頂きました。

そして店長に、私の本音をありのまま話しました。
その時店長に言われた『M・Sさん仕事出来てるから、今のままで良いんだよ!』
という言葉で気持ちがとても楽になり、スランプからも無事抜け出し、
自然体で私らしく接客販売する事がまた出来る様になり、新たに売上計上が出来る様になりました。

この私がここまで辿り着けたのは、日々コツコツと頑張った事、そして数々の良縁に恵まれた事です。
全ては、あの日勇気を出してリンクスタッフィングを訪ねた事がキッカケです。

実直にコツコツと努力を積み重ねれば、目標や夢は叶う!という事を実感しました。
ミドル世代の方々にも、是非ともリンクスタッフィングを通じて、新たな仕事人生を発見して欲しいと思います!

Q.今回受賞された感想をお伺いします。

受賞を狙っていたので、当然でしょう!という感想です。
こんなに山あり谷ありの経験を持っている人はいないだろうと自負していましたから。

Q.リンクスタッフィングに対しての印象はありますか

M・Sさん:「とても親身になって頂いています。
初めて登録にきた時から、話が弾んでいました。
私は実家の手伝いをしていてキャリアが無いので、どうキャリアを形成していくかを
話させていただきました。」

二ノ宮(営業担当):「憧れの部分と現実の部分を理解してもらいながら、話がとんとん拍子ですすんでキャリアを描いていく第一歩だよと話して前向きになってくれたんです。」

Q.初めての接客業でインプットも多いと思いますが、積極的に学ばれる姿勢は前職からお持ちだったんですか?

M・Sさん:「全然そんなことはないです。自然とそうなりました。環境の変化や人にも恵まれてそういう価値観になったと思います。もともと自分が求めていたというのもあるかもしれないです。それこそリンクですよね。(笑)
以前は、自分にも希望を持っていなかったし期待もしていなかったしどこまでできるかわからなかったです。」

二ノ宮(営業担当):「当初は、キャリアビジョンとかそいういうものは全くなかったですよね?」

M・Sさん:「計画的にとか建設的に考えることが苦手で、いつまでに何をしようとかどう動こうとか考えられなかったので、そこはサポートしていただきました。」


二ノ宮(営業担当):「リンクスタッフィングに訪れてくださる方は、様々な年代の方もたくさんいらっしゃって、キャリア形成という観点より、”今何ができるか?”ということを探す方が多く、中には、年齢で諦めてしまう方もいらっしゃるのですが、キャリアは作っていけると思います。」

Q.最後にM・Sさんの言葉で同年代の方にメッセージをお願いします

努力すれば絶対に叶うとは思っていないんですが、希望と勇気は持とうよ、と思います。 私一人ではとうていここまではこれなかったと思います。それこそリンクですね(笑)

<<Awardsの一覧へ